院長の恋 (文春文庫)

2.89
  • (0)
  • (6)
  • (7)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 69
レビュー : 7
著者 :
夜さん 小説   読み終わった 

五編の短編集。
佐藤愛子さんの小説は初めて読んだけど、ユーモアと毒気と哀しみが相まって、独特の世界観を作り上げている感じがした。それは全編に共通していた。

表題作は52歳の院長の恋を20歳の秘書(院長の恋の相手ではない)が客観的に見て語る作風で、綺麗な妻と可愛い娘がいてお金もたくさん持っていて恵まれた暮らしをしている院長が、端から見るとどこが魅力なのかわからないバツイチ女に惹かれて堕ちていく様が描かれている。
それがまた女性特有の視点で毒気たっぷりに描かれていて、不思議な哀愁もある。
頭ではわかっていても止められない恋心。イコール病気。恋をしたことがある人ならば、思い当たって少し胸が痛むかも。そういうのはきっと、状況も年齢も関係ない。

少しオカルトちっくな話もあり、それも何か実際にありそうでけっこう怖い。現実と地続きのオカルトな世界。
幽霊話であり、寓話の空気を含んだ民話のようであり。

「ケヤグの秋」は津軽が舞台で津軽弁がふんだんに使われていて、私は理解出来たけど津軽以外の人はどうなんだろう?と思ったりした。笑
大阪出身の佐藤さんがどうしてここまで津軽弁に明るいのかも不思議。
男同士の悲喜こもごも。やっぱり哀愁がある。

充実した内容でシンプルに面白かった。
大正生まれの作家さんなのでたぶんけっこう古い作もあるのだろうけど、面白い小説に時代は関係ないな、と思った。

レビュー投稿日
2016年1月26日
読了日
2016年1月26日
本棚登録日
2016年1月26日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『院長の恋 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『院長の恋 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『院長の恋 (文春文庫)』に夜さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする