はじめの一歩(109) (少年マガジンコミックス)

  • 講談社 (2014年12月17日発売)
3.54
  • (6)
  • (12)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 216
感想 : 9
3

ゴンザレスとの一戦。世界前哨戦となるはずだった戦いは、キャリア二つ目の敗戦となりました。
勝利を決めるための一撃が、カウンターの餌食となってKO負け。
これを糧にして、新たな武器を手にして、さぁ立ち上がれ。という流れかと思いきや、不穏な感じです。

長年の被弾によるダメージの蓄積。

それ以上に一歩に突き付けられたのは、どうやって、リングへ戻るのか。スポーツマンでなく戦士としての覚悟を持って、戻れるのか。
鷹村から突きつけられた戦士としての見切り。ボクサーとして、戦士として、ここを乗り越えることが出来るのか、ですね。

「人外の者だけが棲む場所だ 人のまま入ってくるな」のシーンの鷹村の右目だけ白目なのが、ちょこっと気になる。網膜剥離の可能性は、左目だっけ?
一歩にパンチドランカーの可能性を書き出したので、鷹村もやはりか、とか思ってしまう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2015年7月20日
読了日 : 2015年7月20日
本棚登録日 : 2015年1月14日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする