DEAR BOYS ACT4(9) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社 (2021年11月17日発売)
4.00
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 1
4

チャレンジャーであることの魅力が存分に詰め込まれているACT4 9巻。
なんというか、久々にDEAR BOYS読んでいて展開にわくわくしています。
ACT3の大一番、瑞穂と天童寺は哀川絡みの因縁に持っていかれたので、そこまで寝中できなかった記憶。

京と森ぞーの1on1にこんなに燃えるとは。それまでの小原の奮闘があってこそなんですが。
瑞穂の新メンバーのメンテリティが苛立たせることが多いので、肩入れは湘南大相模にしてしまいますね。不思議なもんです。
何度も言うけど、初登場時には思いもしなかったです。

やっぱり、チャレンジャーがいい。圧倒的強者を乗り越えてゆく様がいいですね。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年12月13日
読了日 : 2021年12月13日
本棚登録日 : 2021年11月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする