ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)

3.93
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 4
著者 :
まいつきさん  未設定  読み終わった 

海面上昇により地表の大半が水に覆われた25世紀の地球。ミドリムシの変異体であるエルグレアが支配する環境。その地球を調査するために宇宙コロニーからやってきたケンガセンが、島嶼部に住む巫女ヨルと出会ったことから物語は始まります。

宇宙コロニーと地球の異文化交流。ヒトとエルグレナの未知との遭遇。
ケンガセンとヨルを巡って、二つの物語を紡がれていきます。その裏で雌伏し続けていた電脳体の執念。
新たな時代への導き手となってしまったヨル。神話・宗教を否定してきた彼女が、そう奉られる存在になっていくのはシニカル。

ヨルが成長していく物語でもあるか。
少女から大人へ、という道程ではないけれど。結果を見ると。
彼女から時折感じられる初恋のような感情とその喪失。

そうか、やっぱり少女から大人への成長を描いた物語だったのか。

レビュー投稿日
2018年7月22日
読了日
2018年7月22日
本棚登録日
2018年7月22日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカ...』のレビューをもっとみる

『ウェイプスウィード ヨルの惑星 (ハヤカワ文庫 JA セ 2-3)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする