猫語の教科書 (ちくま文庫)

3.88
  • (212)
  • (193)
  • (226)
  • (28)
  • (4)
本棚登録 : 1924
レビュー : 279
制作 : Paul Gallico  灰島 かり 
m-daifukuさん (洋書)   読み終わった 

我が家に迷い込み17年を共にした猫が息を引き取り、約1年、心に穴が空いたような感覚が無くならなかった。
と思ったら今度は野良猫が居つき。しかも妊婦で、4匹の子猫を出産。
そんな話を日記に書いたところ、ある方から、
「あなたの家は、NNN(ねこねこネットワーク)に既に良派遣先として登録されているに違いない…!」
と言われて、NNNについて調べてみると、何やらこの組織に読まれているという本があるとか。

早速読んで見ると、猫視点での愚かな人間の扱い方の指南書!
でも読んでいて腹は立たないし、ああ、そうだろうね、と腑に落ちてしまう。微笑ましくすらある。
猫と暮らしたことがある方なら、心当たりが沢山あり、思い返しながら読むことができ、大変楽しめると思う。

とっくの昔に、私はもう猫の手に落ちていたようだ。

レビュー投稿日
2017年9月26日
読了日
2017年9月26日
本棚登録日
2017年9月21日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『猫語の教科書 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『猫語の教科書 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする