平城京の家族たち ゆらぐ親子の絆 (角川ソフィア文庫)

著者 :
  • 角川学芸出版 (2010年1月30日発売)
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
感想 : 1
5

古代文学・文献の「家族」にスポットをあて、そこに浮かび上がる、古代の家族観と律令国家出現による家族崩壊や歪みを論じる。

母と娘、母と息子、父と娘、父と息子…
神話にみる家族関係や、そこに介入している7世紀の視点、律令制で変化した家族…

現代に通じる普遍的な指摘を含め、とても興味深く面白いです。

多岐に渡る参照や視点は非常に「文化人類学」的で個人的に大好きです。

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史(古代)
感想投稿日 : 2011年7月7日
本棚登録日 : 2011年7月7日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする