週末だけの誘惑 (ハーレクイン・ロマンス)

  • ハーレクイン
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 3
3

妻に逃げられた経営コンサルタント+地味な秘書[more]の体だけの関係<br /><blockquote>内容(「BOOK」データベースより)<br />レイチェルはこの四年間で変わり果ててしまった。やせすぎの体に地味な黒のスーツ。化粧気のない顔は老けて悲しげだ。たび重なる不運で男性不信に陥り、プライドすらもずたずただった。仕事で訪れた高級ホテルで、いつも消極的なレイチェルに、上司のジャスティンはこう提案する。「美容院に行ったらどうだい。顔も化粧もすべて変えてみればいい」数時間後、バーのダンスフロアで待っていた彼は、現れた美女に息をのんだ。「今、きみと踊るのは賢明ではないな」レイチェルは大胆にも上司の首に腕をからめ、きっぱりと言った。「黙って、ボス。ただ足を動かして」。</blockquote>

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 本・雑誌
感想投稿日 : 2011年8月17日
読了日 : 2010年4月10日
本棚登録日 : 2011年8月17日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする