ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)

3.54
  • (71)
  • (139)
  • (205)
  • (22)
  • (9)
本棚登録 : 1457
レビュー : 110
著者 :
m89ciyさん  未設定  読み終わった 

筒井さんに出された宿題「ポストモダンの文学」、これに対して「ポストモダンでは文学は求められなくなる」と悩み始めてから約10年。ようやく出せた解答が本書である。最初にいつもの東さんだ。ブログ論壇の展開で「劣化東」と言われる人々(僕も含む)が増える中、ポストモダン批評とサブカルチャーを繋げ広めたオリジネイターだからこそ、ブログ論壇を読みあさる僕にとっては新鮮味がなかった(笑)。なので粗読(拾い読み)。清涼院流水、西尾維新など敬遠していた作家の読み方がようやくわかった。物語内に収拾されない『メタ』が大事なのだ。

レビュー投稿日
2011年11月4日
読了日
2011年1月17日
本棚登録日
2011年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポス...』のレビューをもっとみる

『ゲーム的リアリズムの誕生~動物化するポストモダン2 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする