ジーン・ワルツ (新潮文庫)

3.63
  • (269)
  • (753)
  • (709)
  • (95)
  • (16)
本棚登録 : 5264
レビュー : 535
著者 :
まーちゃんさん 小説   読み終わった 

不妊治療と代理母出産がテーマ。
近い将来、子供を産みたいと思っているので『妊娠・出産』はとても興味のあるテーマです。
自分の子供には腕がない、産まれ出てすぐに死んでしまうということを妊娠中に知らされたら、自分ならどうするかな?
登場人物たちのように強くなれるのかな。と考えさせられました。
いま考えたところで、それを覆すほどの力が妊娠にはあるのだろうけど。

4人の妊婦の出産シーンは一気読みでした。
お産には危険がつきものなんだと分かると同時に、なんの問題もなく私を産んだ母は当たり前じゃないんだなって、改めて思いました。
行政や地域医療については、もう少し深く理解していきたい。

『マドンナ・ヴェルデ』ではいろいろな謎も明らかになるみたいだから、絶対読まなくちゃ。
他の作品とリンクもしてるみたいだし、これから少しずつ海堂作品を読んでいこうと思います。

レビュー投稿日
2012年2月21日
読了日
2012年2月22日
本棚登録日
2012年2月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ジーン・ワルツ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ジーン・ワルツ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ジーン・ワルツ (新潮文庫)』にまーちゃんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする