椿山課長の七日間 (朝日文庫)

3.83
  • (488)
  • (639)
  • (699)
  • (48)
  • (3)
本棚登録 : 3861
レビュー : 547
著者 :
むっちーさん  未設定  読み終わった 

あっという間に読み切ってしまえる、テンポの良い作品だった。

死んだ後の、自動車教習所のような場面に和み、天界にもお役所仕事があるという設定がユニークだった。

地上に戻った三人の、三者三様のストーリーは、死者となって気付くことの切なさを感じた。

最終的に、課長のお父さんがこわいことになるという結末は、わからなくもないが、辛い!

正義感とは辛い!

人の役に立つことを生きがいにするとは、簡単に口にできる言葉ではないのかもしれないと思った。。

レビュー投稿日
2015年7月25日
読了日
2015年7月21日
本棚登録日
2015年7月21日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『椿山課長の七日間 (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『椿山課長の七日間 (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする