速読の科学―どこまで速く読めるか (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社 (1988年6月17日発売)
3.41
  • (3)
  • (4)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
感想 : 12
4

3.5
速読の科学的な検証や方法論。飛ばし読み、斜め読み、段落毎に最初の文だけ読むなど以外の速読法は、眼球運動から分速2500が限界らしい。著者も含めた色々な実験データを載せながら解析していてなかなか面白い。
小説にも使える全文読みの速読は、日頃から訓練が大事。理解しながら出来るだけ早く読む、時間を計り分速を出す、多読と書評、固まりで意味を捉える、眼球の停留を一行一回を目指す、あたりがポイントのよう。
特に段落読みは立花隆も同じ話をしていて面白かった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 読書術
感想投稿日 : 2016年8月28日
読了日 : 2016年8月11日
本棚登録日 : 2016年8月28日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする