四季 夏 (講談社文庫)

3.73
  • (264)
  • (350)
  • (517)
  • (29)
  • (1)
本棚登録 : 3225
レビュー : 237
著者 :
macmarryさん ミステリー・推理小説   読み終わった 


S&MとVをつなげる集大成的な感じ。四季が13歳頃の話であり、両親殺害の話。医師であり叔父の新藤清二との恋らしきものもある。林の性が犀川でありへっくんと犀川のつながりが明らかに。中高生くらいの頃の喜多と犀川も出てくる。保呂草、各務、祖父江なども出てきてキャラ的な面でつながりが分かって面白い。四季の人間っぽい感情の部分も新藤を通して垣間見えるよう。精神と肉体の隷属関係。まあまあ面白い。

レビュー投稿日
2017年9月18日
読了日
2017年9月18日
本棚登録日
2017年9月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『四季 夏 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『四季 夏 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする