本を読む本 (講談社学術文庫)

3.74
  • (401)
  • (490)
  • (597)
  • (68)
  • (25)
本棚登録 : 5357
レビュー : 584
制作 : 外山 滋比古  槇 未知子 
madameassyさん 名著   読み終わった 

とても有意義な本だった。確かに「本を読む技術」というのは、誰かに教わったことがない。だから、この本で「技術」として述べられていることは、今まででてきているものもあるかもしれないし、できていないかもしれない。できていることも、いつもやっているとは限らない。そもそも、そういうことを意識して読んだことがなかった。だから、本を読むにもやはり技術があり、その技術を使って本を精読することの大事さを気づかせてくれたという点で、とても有意義だった。
ただ、この本は、どんな本にも読む技術が必要とは言っておらず、一番最後の章に書かれていたように、「精神を啓発する本」に出会った時に、この本に書かれている技術を駆使して読みこむべきであるとしている。これにも共感できた。とにかく冊数をこなすということでただ上っ面をなめればよいという読書もどうかと思うし、かと言って、本の軽重を無視してとにかく精読しなければならないというのもどうかと思うし、自分が本から何を得たいのかによって、有効に読み分けられるように、一層意識していきたいと思う。

レビュー投稿日
2013年3月14日
読了日
2013年3月14日
本棚登録日
2013年3月14日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『本を読む本 (講談社学術文庫)』のレビューをもっとみる

いいね!してくれた人

ツイートする