黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)

3.49
  • (243)
  • (372)
  • (605)
  • (119)
  • (31)
本棚登録 : 3045
レビュー : 395
著者 :
みやこさん 小説   読み終わった 

銀行の地下三階に眠る6トンの金塊。金額にして百億。それが彼らの目標だった。綿密に計画される強奪計画。しかし、敵は厳重な警備だけではなかった。北の工作員に左翼団体。虎視眈々と命を狙われながらも、しかし、彼らの信念もまた揺るぎなかった。三つ巴の戦いの中、果たして彼らは無事生き残ることができるのか。そして金塊強奪の行方は。アウトローに生きる者たちの戦いを描いたハードボイルドな犯罪小説。

映像化されるということで再読。まさに高村薫の原点とも言える作品。北とか南とか左とか右とか、そういった政治の黒い部分を大胆に使いながら、状況描写のディテールにはとことんこだわる。高村さんの取材力の高さに改めて感嘆する。そしてアウトローに生きながらもどこか人間臭さを感じさせる登場人物たち。頼れるものがないからこそ、彼らの生き様もまたかっこいい。

はじめて読んだときの衝撃はなかったものの、やはり名作だなあ、と。映像化向きの一冊。

レビュー投稿日
2012年10月22日
読了日
2012年10月18日
本棚登録日
2012年10月22日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする