ちいさいモモちゃん (講談社文庫)

4.21
  • (53)
  • (43)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 480
レビュー : 63
著者 :
madokaitoさん  未設定  未設定

とても愛おしいおはなし。
モモちゃんが生まれてから5歳ころまでの、ちょっと特別だったりなんでもない一日だったりの物語です。
現実とファンタジーとの境がぼんやりしているモモちゃんの世界は、やさしくて暖かくて、なんとなくおかしいところもあって、やわらかな色味の絵本を読んでいるような気持ちになりました。けれども、だからこそ、時折描かれる不安や恐怖の暗さが引き立ちます。大人たちも同じ世界観のなかで生きていることも魅力です。いっしょに子どもの時間を過ごしているんだなぁ、と。
自分のどこかに残っている「モモちゃんの世界」の記憶が、ちょっと呼び起されたような、読み終えた後はそんな気分でした。
もし自分に子どもがいたら、また違った感想になるかもしれません。大切にしたい一冊です。

レビュー投稿日
2012年12月10日
本棚登録日
2012年12月10日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ちいさいモモちゃん (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ちいさいモモちゃん (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする