幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする

3.83
  • (12)
  • (15)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 200
レビュー : 14
制作 : 中西 真雄美 
maehiraxpさん  未設定  読み終わった 

幸福とは快楽とやりがいが持続する事
生活の中でバランスをとるのが大事
少ない方を増やす方が効率は良い
Pleasure purpose principle

2軸で活動をマッピング、時系列で1日をグラフ化

心理的免疫システム
良い感情も悪い感情も慣れる

選択のパラドックス
選択肢が増えると困惑する、どの選択を自分で行い、何を人に任せられる事が決めると良い

選択と行動のフォードバックを意識する、客観的評価を他人に依頼するのも良い

人の注意資源には限りがある
デフォルト状態を適切に設定して行動を変える
コミットメントを使う
注意の向け方をコントロールする
スイッチングコストに注意、マルチタスクは危険

モノによる幸福感はすぐ慣れるが、経験による幸福感は長続きする

笑いと音楽は重要
他人のためにお金と時間を使うと幸せになる

レビュー投稿日
2018年10月4日
読了日
2018年4月2日
本棚登録日
2018年4月2日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高...』のレビューをもっとみる

『幸せな選択、不幸な選択――行動科学で最高の人生をデザインする』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする