コルディッツ大脱走―ナチを出し抜いた創意と冒険の記録 (1973年) (カッパ・ブックス)

4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
5

 「大脱走」に同じく、ドイツの収容所から脱出した将校の実際の話。ただし、「大脱走」とは別の収容所の話で、堅牢な古城が舞台になっています。
こちらは著者の一人称で書かれていて、群像劇のような大脱走とはまた違う面白さがあります。
 収容所での生活、他国の捕虜とのやりとり、ドイツ軍をからかったり密造酒を作ったり、諦めずに何度でも脱走を試みる様など見所が多い。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: ハードボイルド、冒険小説など・外国
感想投稿日 : 2010年12月10日
読了日 : -
本棚登録日 : 2010年11月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする