小説家という職業 (集英社新書)

4.03
  • (10)
  • (16)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 13
著者 :
真冬さん 森博嗣   読み終わった 

森さんのお仕事エッセイ(?)第2弾(こちらの方が古いけど)
「作家の収支」が面白かったので、ポイントで電子版を購入。

まずガツンとやられたのが、まえがきの「小説家になりたかったら小説など読むな」という一文。

今まで、私が知る作家さんはわりかし読書家な方が多く、お話を書くにはたくさん読まなきゃダメなんだろうなーと思っていたからビックリ。

でも、「読む暇があるなら書け」には激しく同意。コンスタントに書くってほんとに大事だよな。

小説家になるつもりはないけど、長く続けられる趣味としてお話を書きたいと思ってる私にもなかなかタメになる本でした。

出版業界、すげぇな(笑)今はだいぶん変わってるのかな?

レビュー投稿日
2017年4月18日
読了日
2017年4月16日
本棚登録日
2017年4月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『小説家という職業 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする