ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)

4.05
  • (1367)
  • (1407)
  • (850)
  • (127)
  • (30)
本棚登録 : 10111
レビュー : 1288
著者 :
maitake1007さん 和書   読み終わった 

最終章で涙がこぼれた。久しぶりに泣いた小説。

正義って?復讐って?命の重さって?哲学的だけども、主人公が小学生だからとても読みやすい。まあこの主人公、10歳だとはとても思えない賢さだけれど...!

サンタクロースのエピソードにじーんときたな。節目節目で読み返したい一冊になりました。

「わかりあえない者同士は、無理に一緒にいる必要はない。正しいとか正しくないというのは、それを話すのが人間同士である以上、簡単に変化していくんです。けれど、そんな中でどうすることが自分の心に一番恥じないのか。何を一番いいと信じるのか。それだけはきちんと胸に置いておく必要があります」

レビュー投稿日
2012年9月15日
読了日
2012年9月15日
本棚登録日
2012年8月18日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『ぼくのメジャースプーン (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする