(034)恋 (百年文庫)

  • ポプラ社 (2010年10月12日発売)
3.62
  • (0)
  • (8)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
感想 : 14
4

三作品が載っていて、そのうち一番心に残ったのが江見水蔭の「炭焼の煙」。江見水蔭という作家は初めてだが、朴訥な炭焼の真次がよく描けていた。彼の失恋と失望が痛いほど伝わってきた。


いずれも悲恋物。昔の作品ばかりだけどなかなかよかった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年12月9日
読了日 : 2014年11月2日
本棚登録日 : 2018年12月9日

みんなの感想をみる

ツイートする