モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

3.92
  • (328)
  • (468)
  • (279)
  • (55)
  • (12)
本棚登録 : 4343
レビュー : 477
制作 : 大前 研一 
makabe38さん 心理学   読み終わった 

仕事がら、人や組織に新たな行動を取ってもらう、行動を変えるといった場面がしばしばあります。
その際、「何がこの人/人達の行動を突き動かしているのだろう」と考えて取り組まないと、上手く事が運ばないなと感じています。
この本はその、人間の行動原理「モチベーション」に関する本。
モチベーション1.0を生理的動因(食欲、安全等)、2.0を「アメとムチ」(報酬と罰)と定義し、これまでの2.0とい”OS”が機能しなくなってきている、という問題提起から論じています。
そしてモチベーション3.0という新しい時代に突入しているとして、「自律性」「マスタリー(熟達)」「目的」という三つの構成要素を上げています。
本書全体の構成としては、2.0の欠点と3.0の概念の説明にページの多くが割かれてます。
3.0の構成要素を満たすための新しい仕組みとしてどのようなことが考えられるのか、実例としてどのようなものがあるのかということについては、あまり触れられていないのが残念。
これから試行錯誤して作り上げられていくのだろうなと、理解しました。
逆に、そのような未来予測的な部分を排して、研究で得られた事実を冷静に説明しているというのが、著者の誠実さの表れかもしれません。
いずれにしても、働くということに関する人間の意識が変わっていること、それに対して新しい仕組みが必要だということが、本書を読んで理解できました。

レビュー投稿日
2012年5月27日
読了日
2012年5月27日
本棚登録日
2012年5月27日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『モチベーション3.0 持続する「やる気!...』のレビューをもっとみる

『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』にmakabe38さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ダニエル・ピンクの作品一覧

ダニエル・ピンクの作品ランキング・新刊情報

ツイートする