強欲の帝国: ウォール街に乗っ取られたアメリカ

  • 早川書房 (2014年4月10日発売)
3.65
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 94
感想 : 4
4

アメリカがいかに読んでいるかということがわかったし、日本も気をつけなければならないとも思った。
それにしても、何十億円あるいは何百億円という年収を求める貪欲さはどこから来るのだろう。結果的には他人や他の企業から搾取していることになるということがわかっているはずなのだが。日本人はそこまで求めないと思う…。アメリカ人の価値観がどこまでも「勝つ」ということにあるのだろうか。もしかすると、金融業界にいて、周りが皆、他人から搾取して利益を吸い取るということに慣れてしまっているとそうなるのかもしれない。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2014年12月27日
読了日 : 2014年12月27日
本棚登録日 : 2014年6月26日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする