キャンパスは深夜営業 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.29
  • (4)
  • (6)
  • (20)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 6
4

恋に落ちるのに、大して時間は必要ないんだな…」
大学生の久保山良二は、キャンパスで知り合った魅力的なガールフレンド・若林知香に夢中である。
ところが良二は、知香が夜中に限っていつも家を留守にしていることに気付く。
不審に思った良二は、ある夜、知香を尾行してみることに。
そこで良二は、知香の父親が伝説的な大泥棒であること、そして父親の死後、知香がその跡を継いで泥棒グループの親分をつとめていることを知ってしまった!
(アマゾンより引用)

まぁなかなか面白かった。けど、何となく最後にバタバタで解決に持ってってた気がしないでもないけど(´・ω・`)
割とすんなり読めた

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2016年3月3日
読了日 : 2014年2月25日
本棚登録日 : 2016年3月3日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする