女王国の城 (創元クライム・クラブ)

3.72
  • (153)
  • (230)
  • (292)
  • (21)
  • (6)
本棚登録 : 1394
レビュー : 250
著者 :
まきさん  未設定  読み終わった 

舞台は、急成長の途上にある宗教団体“人類協会”の聖地、神倉。
大学に顔を見せない部長を案じて、推理小説研究会の後輩アリスは江神二郎の下宿を訪れる。
室内には神倉へ向かったと思しき痕跡。
様子を見に行こうと考えたアリスにマリアが、そして就職活動中の望月、織田も同調、四人はレンタカーを駆って木曾路をひた走る。
“城”と呼ばれる総本部で江神の安否は確認したものの、思いがけず殺人事件に直面。
外界との接触を阻まれ囚われの身となった一行は決死の脱出と真相究明を試みるが、その間にも事件は続発し…。
(アマゾンより引用)

うーん、何か話がややこしくて…
ちょいちょいどうでもいいようなことぶっこんでくるから、無駄に一冊が長い

レビュー投稿日
2019年3月30日
読了日
2019年3月30日
本棚登録日
2019年3月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『女王国の城 (創元クライム・クラブ)』のレビューをもっとみる

『女王国の城 (創元クライム・クラブ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする