鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈3〉 (電撃文庫)

3.81
  • (69)
  • (54)
  • (114)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 606
レビュー : 39
著者 :
制作 : テクノサマタ 
Makotoさん ライトノベル   読み終わった 

3巻はミステリー仕立てになっています。
1話と2話は同一時間軸の別の場所のお話。
1話は山田家と山田パパをばらした少年の家の話、2話はキズナ達主役組の話、3話は殺人犯を探しだす話です。
おまけで山田パパのデート追跡の話もついています。
1話はいろいろ可愛くていいです。少年もいいけど、少年の母親がいろんな意味で楽しい(少年にとってはたまったものではないけど)
2話はキズナと有生が仲直りしていくお話で、管理人さんが初登場。停電して雷がなっている状況で仲直りしていく二人がいい雰囲気です。
3話は多重人格の少年の話なんですが、後半が結構シビアな話でした。
おまけ話は山田パパのほんわか話というところでしょうか。
相変わらず面白くて良いです。
これでこのシリーズの半分まで読了しました。

レビュー投稿日
2015年8月28日
読了日
2015年8月28日
本棚登録日
2015年8月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈3〉 (電...』のレビューをもっとみる

『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈3〉 (電撃文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする