傾物語 (講談社BOX)

3.97
  • (365)
  • (418)
  • (298)
  • (39)
  • (6)
本棚登録 : 3828
レビュー : 300
著者 :
制作 : VOFAN 
きゆさん  未設定  読み終わった 

阿良々木暦と忍野忍のツーマンセルと、八九寺真宵の物語。宿題が出来てない阿良々木が、夏休み終わりに、一日だけでも戻れば、と思って忍に連れて来られた先は、十一年前、八九寺の命日の一日前。何のためにこの日にきたのか。考えて取った行動。そしてその結果の十一年後。

後でネタがわかってしまえば、なーんだ、で終わる話ではあるけど、八九寺一人助けたことでそこまで?! の展開。かなり騙された気分。ラストでは真宵ちゃんの本音も聞けて、やっぱりこの世界に生きて良かったんだなっていうオチ。阿良々木さんに会えて良かった、と言われたのが一番の救いじゃないかな。

レビュー投稿日
2018年1月5日
読了日
2018年1月5日
本棚登録日
2018年1月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『傾物語 (講談社BOX)』のレビューをもっとみる

『傾物語 (講談社BOX)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする