〈超・多国籍学校〉は今日もにぎやか!――多文化共生って何だろう (岩波ジュニア新書)

3.82
  • (3)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 50
レビュー : 10
著者 :
なりすけさん  未設定  読み終わった 

多国籍学校ならではの多くの課題を、今日もにぎやか!のタイトルでとても前向きに語られている。

多様性について考えさせてくれる。

言葉の問題では、日本語の習得レベルの違いだけが問題かと思いきや、その先に自国の言葉を忘れ、自分の親ともコミュニケーションが不足するという問題には驚いた。

アイデンティティを育むことの大切さ。
自分のルーツを知ること(失わないこと)は、自己肯定の一歩だと感じた。

日本の人口が減って、国を支えるためには、多様性は避けられない。急速に発展したシンガポールを知ること、多様性の歴史の長いアメリカなどを知ることは、これからの日本人に求められる知識なんだろうと感じた。

レビュー投稿日
2020年7月23日
読了日
2020年7月23日
本棚登録日
2020年7月23日
6
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『〈超・多国籍学校〉は今日もにぎやか!――...』のレビューをもっとみる

『〈超・多国籍学校〉は今日もにぎやか!――多文化共生って何だろう (岩波ジュニア新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする