容疑者Xの献身 (文春文庫)

4.20
  • (5599)
  • (4066)
  • (2569)
  • (188)
  • (42)
本棚登録 : 32486
レビュー : 2938
著者 :
まゆさん 小説   読み終わった 

読んでいくうちに、タイトルからして「こうだろうな」って想像はしてたけれど、終盤の展開にビックリした。
本当にこの人の小説は毎回どんでん返しがすごい。

数学者VS物理学者の対決で話が進んでいくかと思っていたら、そうではなく、友情がメインやったんやなと。(あんまネタバレのことは書かん方がいいんかな?)

てかこんなに数学的な?話が出るのは、東野圭吾はかなりの理系やねんなぁ電球

でもほんのちょっとだけやけど、理系の人の考え方を垣間見れたような気がする。ほんまにちょっとやけど。それだけでもかなりの収穫。


ここまで人を愛することができるのかと、切なくなりました。

レビュー投稿日
2016年6月3日
読了日
2016年6月3日
本棚登録日
2016年6月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする