あひる (角川文庫)

3.58
  • (24)
  • (50)
  • (54)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 579
レビュー : 79
著者 :
mamepiaさん  未設定  読み終わった 

ごくシンプルな文章なのに、物語の不思議でどこか薄気味悪いような世界や、登場人物の心情が豊かに伝わってくる。
「あひる」では、徐々に忘れ去られていくあひるがただただかわいそうだった。
読後に、ちょっと救いがあったのは「森の兄妹」だったかなと思う。
悪気なく興味が移ることの、残酷さをじわりと感じた。

レビュー投稿日
2019年8月28日
読了日
2019年8月27日
本棚登録日
2019年8月28日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『あひる (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『あひる (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする