リト

  • モナ森出版 (2020年11月1日発売)
4.13
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 9

コロナやら何やらで自分の中で価値観が変わりつつある今、優しさを思い出させてくれるお話しでした。特に、"役立つ"こと、"仕事"について自分を納得させられるような言葉が見つかりとても嬉しいです。 この本で云う「ガシューダの魂」のような存在については、あるとも無いとも深く考えたことがないけれど、ピンチの時に何故か祈ってしまう"神様"はいる。誰でもいるのか? 悲しいこと、今は特にコロナ禍に意味なんて見出せないけれど、「当たり前」がどんどん変わっているので自分が死ぬまでには俯瞰で見られるようになっていればなあ、と。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2021年2月9日
読了日 : 2021年2月9日
本棚登録日 : 2021年2月9日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする