神無き月十番目の夜 (河出文庫―文芸コレクション)

3.81
  • (5)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
著者 :
まみころさん 歴史・時代もの(日本史)   読み終わった 

バレンタインに、仕事でお世話になった人にチョコを贈ったら、「この本が良いのでぜひ!」とお返しに貰いました。
読み終えた後、「この本を薦める対象にしてもらえたのは光栄だ」と思うの半分、「これがホワイトデーのお返しってすごくないか!?」半分(笑)。
独自の体制で農民でありながら武士、という自治体制を保っていた集落が、封建制に呑み込まれる話…でいいのかな。
歴史モノではありますが、名の知れた武将とかは全然出てきません。だから、読み始めた時点でどういう展開になるのか予測ができない(結末はわかるんだけど)。登場人物たちが、全員必死で動き回っているのに、全部が裏目裏目の結果をもたらしていくのを、その先の予測や結末への覚悟もできないまま読み続けるしかない。その意味ですごく「怖い」作品です。

レビュー投稿日
2009年9月6日
読了日
2009年9月6日
本棚登録日
2009年9月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神無き月十番目の夜 (河出文庫―文芸コレ...』のレビューをもっとみる

『神無き月十番目の夜 (河出文庫―文芸コレクション)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする