宿命 (講談社文庫)

3.49
  • (734)
  • (1649)
  • (2834)
  • (289)
  • (45)
本棚登録 : 13363
レビュー : 1201
著者 :
マミピグさん ミステリー   読み終わった 

久しぶりに東野圭吾作品を。

情景が目の前に現れるようだった。
二人の男同士。
まさに『宿命』

ミステリーにしてはそんなに『犯人は誰だ?』ということに一本化せず、キャラクターのバックボーンをゆっくりと紐解くストーリー。
あまりにも色んなものが繋がる様は、なんだか気持ち悪かった。(良い意味で)
最後ラストの一行は先が読めてはいたものの、その言葉を発したであろう瓜生の表情が見えた気がして、なんだか爽快だった。

レビュー投稿日
2018年7月7日
読了日
2018年7月7日
本棚登録日
2018年7月7日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『宿命 (講談社文庫)』のレビューをもっとみる

『宿命 (講談社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『宿命 (講談社文庫)』にマミピグさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする