往復書簡 (幻冬舎文庫)

3.51
  • (251)
  • (927)
  • (975)
  • (175)
  • (29)
本棚登録 : 7291
レビュー : 716
著者 :
まなさん 湊かなえ   読み終わった 

タイトル通り手紙のやり取りだけで物語が進む3+1の短編集。
人の手紙を勝手に読んでるような恥ずかしさを感じつつ。
だってあまりにも説明的だったりとかすると、物語としては読み手にわからせるために必要なんだろうけど、わざわざ「一応書くね!」と前置きして「こうだったよね?」と過去の出来事を教えてくれたりとか、読んでると恥ずかしくなっちゃうんですよね。
↑悪い意味ではないですよ。
本人かどうか確かめるなら手紙じゃなくて電話すればいいじゃん!とか思ったりもしたけど全体的な物語の内容として面白いと思います。
手紙スタイルじゃなく小説としてあの物語たちをミステリーとして書くならどうなるんだろう?とかそんな事も考えつつ読ませていただきました。
実際手紙って後から読み返すと恥ずかしくなったりするからね。意外と怖いですよね。

レビュー投稿日
2017年8月1日
読了日
-
本棚登録日
2017年8月1日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『往復書簡 (幻冬舎文庫)』のレビューをもっとみる

『往復書簡 (幻冬舎文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『往復書簡 (幻冬舎文庫)』にまなさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする