革命のファンファーレ 現代のお金と広告

4.14
  • (204)
  • (208)
  • (80)
  • (15)
  • (8)
本棚登録 : 1669
レビュー : 239
著者 :
関根雅泰さん 未来   読み終わった 

・お金とは、信用を数値化したもの。

・考え方を変えたいなら、環境を変えた方が、手っ取り早い。

・無料化は、時間差でお金が発生する。

・人が時間やお金を割いて、その場に足を運ぶ動機は、いつだって
 「確認作業」で、つまりネタバレしているモノにしか反応していない。

・クラウドファンディングは、資金調達のツールではなく、共犯者(作り手)
 作りのツールである。

・体験の出口に「おみやげ」を用意すれば、買ってくれる。
 
・「会いに行く個展」ではなく「会いに来る個展」

・組織が個人を支配することは、もはや不可能。

・自分の信用をお金に両替するという生き方が当たり前になってくる。

・本を出したい人が、クラウドファンディングで、その本の買い手を
 事前に募り、買い手が集まった時点で、出版をする。

レビュー投稿日
2017年11月3日
読了日
2017年11月3日
本棚登録日
2017年11月3日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『革命のファンファーレ 現代のお金と広告』のレビューをもっとみる

ツイートする