イシューからはじめよ――知的生産の「シンプルな本質」

著者 :
  • 英治出版 (2010年11月24日発売)
4.04
  • (1305)
  • (1405)
  • (734)
  • (170)
  • (32)
本棚登録 : 18094
感想 : 1489

・「何に答えを出すべきなのか」についてぶれることなく活動に取り組むことがカギ。
・「悩む」=「答えが出ない」という前提のもとに「考えるフリ」をすること
・「考える」=「答えが出る」という前提のもとに、建設的に考えを組み立てること
・「イシューIssue」とは、2つ以上の集団の間で決着のついていない、白黒がはっきりしていない問題
・自分だけがもつ視点で答えを出せる可能性がないか。
・分析=比較、比べること
・理解=2つ以上の情報がつながること
・デルブリュックの教え「ひとつ、聞き手は完全に無知だと思え。ひとつ、聞き手は高度の知性をもつと想定せよ。」

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 教育
感想投稿日 : 2018年11月13日
読了日 : 2018年11月13日
本棚登録日 : 2018年11月12日

みんなの感想をみる

ツイートする