チベット仏教王伝――ソンツェン・ガンポ物語 (岩波文庫)

  • 岩波書店 (2015年4月17日発売)
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 2

原題:Rgyal rabs gsal ba'i me long
著者:Bsod nams rgyal mtshan
監訳:今枝由郎
翻訳:浅井万友美・海老原志穂・星泉・三浦順子

※『王統明示鏡』の抄訳。

【簡易目次】
宇宙の成り立ち、インドの護法王の系譜、そしてブッダ・シャーキャムニの出現
仏塔と仏像の建立とシャーキャムニ十二歳像の中国請来
中国とモンゴルへの仏法の広まりとその王統
観音菩薩が蓮の花の上に現れたことと六字真言の功徳
観音菩薩による有雪国チベットの衆生の成熟と解説へのお導き
観音菩薩の化身である馬王バラハによる衆生の教化
猿と岩の羅刹女から生じたチベット人の系譜
チベットの王統の始まり
護法王ソンツェン・ガンポの誕生
チベット文字の考案と十善戒に基づく法の制定
ソンツェンガンポ王の誓約仏のインドとネパールからの請来
ネパール妃ティツィンの招請
中国妃文成公王主の招請
ソンツェン・ガンポ王と二人の妃による寺院建立
落慶法要
将来の利楽のための埋蔵と教え
ソンツェン・ガンポ王と妃たちの最期

読書状況:未設定 公開設定:公開
カテゴリ: 222.中国史
感想投稿日 : 2016年1月22日
本棚登録日 : 2016年1月22日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする