幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)

3.37
  • (8)
  • (15)
  • (22)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 289
レビュー : 28
著者 :
別府さん 330.経済学 総合   読み終わった 

【メモ】
著者:蓼沼宏一(社会的選択理論,厚生経済学,ゲーム理論)

【版元】
http://www.iwanami.co.jp/hensyu/jr/toku/1106/500688.html


【目次】
まえがき [iii]
目次 [v-vi]

1 「経済」とは? 001
1-1 チリの落盤事故から 
1-2 「経済」とは? 
1-3 限りある資源の配分 
1-4 人間の多様性
1-5 効率・衡平・公正 
1-6 資源配分の評価 
1-7 最善と改善

2 ひとの「福祉」とは? 019
2-1 「福祉」の意味と基準 
2-2 モノ・サービスの量 
2-3 国内総生産(GDP) 
2-4 幸福・欲望充足――効用 
2-5 選択論アプローチ 
2-6 選択論アプローチと福祉の個人間比較 
2-7 機能 
2-8 モノ・サービス、機能、効用の関係 
2-9 幸福度と機能 
2-10 機能ベクトルと等福祉曲線 
2-11 潜在能力――選択の機会の豊かさ 
2-12 情報の制約と福祉評価 
2-13 想像上の立場の置換 
2-14 基準値との比較 

3 無駄のない経済システムとは? 057
3-1 「無駄」があるのはどんなときか? 
3-2 パレート効率的な資源配分は社会的に最善か? 
3-3 パレート効率性は相対的な評価基準として有効か? 
3-4 利害対立があるときには? 

4 市場システムの効率性 071
4-1 パレート効率的な資源配分のための条件
4-2 パレート効率的配分を実現するメカニズム 
4-3 貨幣との交換 
4-4 労働供給 
4-5 生産費用 
4-6 市場メカニズムが機能するための条件 
4-7 市場メカニズムに欠けていること
4-8 市場メカニズムでは解決しないこと

5 格差のない社会とは?――衡平性の考え方 093
5-1 何に関する格差・衡平か? 
5-2 個人間の状態比較の基準 
5-3 個人間比較の主体 
5-4 羨望の無い状態としての衡平性 

6 消費・労働に関する衡平性――無羨望配分の考え方 105
6-1 消費に関する無羨望配分 
6-2 選択の機会の均等 
6-3 消費と労働に関する衡平性 
6-4 衡平性基準による相対的な評価 
6-5 パレート改善第一・衡平性第二の評価基準 
6-6 羨望の無い状態としての衡平性基準の難点 

7 消費・労働に関する衡平性――平等の考え方 125
7-1 平等等価の考え方 
7-2 平等等価配分と効率性 
7-3 PS福祉指標と功利主義の違い 
7-4 パレート改善第一・衡平性第二の基準とマキシミン原理 
7-5 消費・労働に関する評価基準に基づく平等等価配分  

8 機能に関する衡平性 143
8-1 消費・労働に関する衡平性の限界 
8-2 機能に関する衡平性 
8-3 機能に関する無羨望配分 
8-4 社会的評価の循環の問題 
8-5 潜在能力に関する衡平性 
8-6 平等等価に基づく衡平性 
8-7 パレート改善第一・衡平性第二の基準とマキシミン評価法 
8-8 マキシミン原理の正当性

9 経済学の役割 163
9-1 規範的評価と合意形成 
9-2 ひとの福祉評価の情報ベース 
9-3 福祉の個人間比較の方法 
9-4 資源配分の社会的順序付けの方法 
9-5 社会的選択の問題 
9-6 経済学の役割 

10 さらに学びたい人のために 173

あとがき(二〇一一年五月 蓼沼宏一) [187-189]

レビュー投稿日
2015年1月30日
読了日
2015年3月17日
本棚登録日
2013年10月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『幸せのための経済学――効率と衡平の考え方...』のレビューをもっとみる

『幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『幸せのための経済学――効率と衡平の考え方 (岩波ジュニア新書 〈知の航海〉シリーズ)』に別府さんがつけたタグ

ツイートする