見えない日本の紳士たち (ハヤカワepi文庫)

  • 早川書房 (2013年4月30日発売)
3.62
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 96
感想 : 13
5

著者:Graham Greene (1904-1991)
翻訳:高橋和久 ほか
ISBN:9784151200731
定価:本体1100円+税
シリーズ:ハヤカワepi文庫
サブシリーズ:グレアム・グリーン・セレクション

レストランで偶然聞こえてきた若い娘とその婚約者との何気ない会話を描く、短くも鮮烈な表題作。南フランスにある海辺の保養地をおとずれた新婚夫婦の仲が、あるいきさつから危機に直面する様子を中年の作家がほろ苦くつづった「ご主人を拝借」――本邦初紹介となる「祝福」と「戦う教会」を含む、多彩な味わいの十六短篇を収録。ひそやかなユーモアと胸を打つ哀感をあわせもつ、イギリス文学の巨匠の傑作短篇集、第一弾
https://www.hayakawa-online.co.jp/smartphone/detail.html?id=000000011040


【収録作】
「ご主人を拝借」――桃尾美佳訳
「ビューティ」――桃尾美佳訳
「悔恨の三断章」――永富友海訳
「旅行カバン」――木村政則訳
「過去からの声」――古屋美登里訳
「八月は安上がり」――永富友海訳
「ショッキングな事故」――加賀山卓朗訳
「見えない日本の紳士たち」――高橋和久訳
「考えるとぞっとする」――越前敏弥訳
「医師クロンビー」――越前敏弥訳
「諸悪の根源」――加賀山卓朗訳
「慎み深いふたり」――鴻巣友季子訳
「祝福」――高橋和久訳
「戦う教会」――田口俊樹訳
「拝啓ファルケンハイム博士」――若島正訳
「庭の下」――木村政則訳

読書状況:積読 公開設定:公開
カテゴリ: 930.英文学
感想投稿日 : 2020年9月28日
本棚登録日 : 2014年1月22日

みんなの感想をみる

ツイートする