他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生

5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
著者 :
別府さん 180.仏教   読みたい 

【書誌情報】
『他力の哲学――赦し・ほどこし・往生』
著者:守中高明(1960-)  浄土宗・専念寺住職。
単行本 46変形 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-24900-1 ● Cコード:0010
発売日:2019.02.07
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309249001/

【目次】
序:ふたたび祈りの姿勢をとるために――遅れてきた至急便

第I部「他力」という力 
第1章 法然の革命――人民のための浄土
 (一)「一切衆生」とともに
 (二)弾圧に抗する「専修念仏」
第2章 親鸞の闘い――マイノリティへの生成変化
 (一)「他力」と「横超」
 (二)「還相廻向」――「一人」から「われら」へ

第II部 「赦し」とは何か
第1章 「汝、赦されてあり」――大慈悲の力
 (一)「悪」=「罪」とはなにか――法然・親鸞による「道徳の系譜」
 (二)存在の有責性から赦しへ――ハイデガーに抗する称名念仏
第2章 赦し得ぬものを赦すこと――「悪人正機」説の過去と未来
 (一)死刑を問う――罪と罰のエコノミーを超えて
 (二)赦す力――政治的司法の彼方へ

第III部 「ほどこし」という行為
第1章 一遍の実践――捨てること、与えること
(一)名号の力――信/不信を問わず
(二)「賦算」という行ない――無の贈与
第2章 「遊行」とはなにか――「一声」から集団編成へ
 (一)「捨てゝこそ」――「此性」の力
 (二)「踊躍念仏」の原理――来たるべき人民集団

第IV部 「往生」とは何か
第1章 有限性の問い――源信、ハイデガー、そして法然
 (一)「臨終行儀」とそのパラダイム――源信
 (二)死へかかわる存在――ハイデガー、法然と時間の「本来性」

第2章 現世において生/死を超える――称名念仏の刻
 (一)「本願」の構造――法然の発見
 (二)「現生正定聚」という境位――親鸞の賭け
 (三)「無始無終の往生」――一遍における脱構築としての念仏

あとがき

レビュー投稿日
2019年2月7日
本棚登録日
2019年1月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生』のレビューをもっとみる

『他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生』に別府さんがつけたタグ

ツイートする