安堂鍵乃子の暗号事件簿 (1) (角川コミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA (2020年12月4日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 22
感想 : 1
4

『ああ探偵事務所』の神崎俊三先生の、今度は「暗号」ネタ作品。暗号大好きでだらしない(でも美人)変態的女教師と、彼女の助手になっちゃった女教師大好き学生が出会う、暗号をめぐる事件の数々…。いろいろな暗号の面白さと、それを使う人間の「隠れた心理」を描くミステリ感が楽しいです。そんなお話だけど、ドロドロせずカラッとしてるところも好み。面白さが徐々に増していき、めっっちゃ気になるところで次巻に続いちゃう1巻…! そんなあ!

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: コミック
感想投稿日 : 2021年1月10日
読了日 : 2021年1月10日
本棚登録日 : 2021年1月10日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする