薬屋のひとりごと 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)

3.90
  • (27)
  • (49)
  • (17)
  • (4)
  • (4)
本棚登録 : 476
レビュー : 28
mangatoclassicさん マンガ   読み終わった 

電子書籍のページを見ていたら、何かのランキングの上位とかって出ていたから、とりあえず読んでみた。あとで確認したら、ネット小説を漫画化したインディーズ出版。納得した。

後宮の下級妃となった猫猫(マオマオ)は、薬屋出身ゆえに薬の配合の知識をはじめ、いろいろと学がある。側室の子がみな短命という謎を解き、玉葉妃の侍女へと出世。

そばかすだらけのマオマオに興味を持ったのが、妃に仕えるイケメン男の壬氏。壬はマオマオに媚薬を配合することを命じる。

後半には武官との恋を成就させるために、わざと帝の前で踊りのお手付きをした芙蓉妃のエピソードも。

北京の故宮らしき背景。ストーリーは割としっかりしているが、歴史的に正しいか。小学生向け少女漫画くらいの絵柄で、もうちょっと落ち着いた感じのほうがよかったようにも思う。続刊は…多分読まないと思う。

レビュー投稿日
2019年9月21日
読了日
2019年9月21日
本棚登録日
2019年9月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『薬屋のひとりごと 1巻 (デジタル版ビッ...』のレビューをもっとみる

『薬屋のひとりごと 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする