心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)

3.26
  • (8)
  • (27)
  • (77)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 280
レビュー : 44
著者 :
mannyoukaさん ミステリー   読み終わった 

第1部の終わりで混乱。
今まで誰目線で読んでいたのか。
これは続けてもう1度読むと理解できて面白いのかもしれない。
ーーー
失業中のわたしこと若竹七海が旅先で知り合った一ノ瀬妙子。強烈な印象を残した彼女は、不意に電話をよこしてクリスマス・イヴの約束を取りつけたかと思うと、間もなく自殺を図り、植物状態になっているという。悲報に接した折も折、当の妙子から鬼気迫る「手記」が届いた。これは何なのか、彼女の身に何が起こったというのだろう? 真相を求めて、体当たりの探偵行が始まる。

レビュー投稿日
2017年11月7日
読了日
2017年11月9日
本棚登録日
2017年11月5日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューをもっとみる

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『心のなかの冷たい何か (創元推理文庫)』にmannyoukaさんがつけたタグ

ツイートする