読書状況 読み終わった [2014年2月8日]
カテゴリ エッセイ

読書状況 読み終わった [2013年10月9日]
カテゴリ 自己啓発

読書状況 読み終わった [2013年9月10日]
カテゴリ 自己啓発

読書状況 読み終わった [2013年9月8日]
カテゴリ 小説

美咲とウサギさんのキャラ設定が漫画と違う。やはり、漫画の方がいいかな。と思ってしまう。
今回はそんなに胸キュンするような部分が個人的には感じられなかった・・・。

2013年8月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年8月28日]
カテゴリ ライトノベル

ちょっと難しかった。
けれど、由来などの部分は興味があるからか面白かった。
やはり専門的な話になると中々頭に入ってこない。

2013年8月24日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年8月24日]

アニメを見て、面白いと思い読んでみようと思った。
ん~、ギャグ要素があるから読みやすいといえば読みやすい。
けれど、後半の夏野と犯人との戦いの辺りからは、テンポが悪かった気がする・・・。
単に興味がないだけか・・・。

2013年8月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年8月11日]
カテゴリ ライトノベル

やはり斎藤孝の文章は読みやすい。

2013年8月1日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年8月1日]
カテゴリ 教育

「レインツリーの国」を読んで、気に入ったので、積読状態だったこの本を出してきた。

自衛隊ものが多い作者で、私自身自衛隊のことはよく知らないが、きちんと小説内へ入り込める文章だと思った。
また、この作者の女の子は積極的に動く子が多いので、勇気付けられる。
待ってるだけじゃダメなんだ。と。
自分から動かないといけないんだと。

実行できるかどうかは分からないけれど・・・。

「軍事とオタクと彼」では笑えるシーンもあり、「秘め事」では最近行った名古屋港も出てきたので私のお気に入り。

「ダンディ・ライオン」では、吉敷が「写真で誰かに何かを伝えたい」と言っていたけれど、作者にもこのような気持ちがあるのかな。と思った。
この話は、この本の書き下ろしらしいので、ちょっと短い感じもした。

2013年7月23日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年7月23日]
カテゴリ 恋愛小説

読書状況 読み終わった [2013年7月18日]
カテゴリ 恋愛小説

すらすら読めた。
加地君は、私に似ている部分があるような気がする。
6年間片思いしているところとか。(私の場合は実らなかったけれど)

家族の状況も今の私の状況と似ている部分があって、今年読んだことがベストタイミングだったような気がする。

巧が隠してた加地の絵葉書の内容に関しては、ちょっとつまらないかな。と感じたもののま、こういうこともありか。って感じで特に気にならない。

2013年7月11日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年7月11日]
カテゴリ 恋愛小説

「新潮社の100冊」の冊子で、粗筋を読んで私が好きそうな印象を持った。

で。本屋さんに行って表紙の絵を見て思わず買ってしまった。
(メガネのお兄さん)(笑)

結局、2時間程度で読破。

そんなに難しい文章ではないので、子ども達にもオススメ。
それなのに、生き方のヒントなどをポロッと教えてくれる。

ほんわかするような話である。

これを機に香月さんの本を読んでみたいと思った。

シリーズ化希望!

2013年7月4日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年7月4日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2013年7月3日]

・ランプ堂

「ビブリア古書堂」の世界観によく似ている。ま、舞台が骨董屋だからなんだろうけれど。
 だから、「ビブリア古書堂」が好きな人にはいいかもしれない。

 切なくて良かった。切ない話が好きな人にもいいかもしれませんね。

漫画(アニメ)を見始めたばかりで、タキとの出会いは知らなかったんだけど、きちんと描写がしてあって、初心者にも分かりやすかった。

・「人の縁とは偶然と必然の連なりに耳を澄まして気づくことから生まれる」
  ⇒なるほど。と思わされる言葉だ。


・アニメでも見てみたいものである。


後の二つは最初に比べるとかなり短く、ランプ堂に比べると印象が残らなかったって感じかな。

2013年6月30日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年6月30日]
カテゴリ ライトノベル

読書状況 読み終わった [2013年6月19日]
カテゴリ 小説

さすが、現役の作家さんというべきか。書き方が上手い。まだ1章しか読んでないが、伏姫のセリフ等はかなり臨場感があると思う。

2013年5月2日

読書状況 読み終わった [2013年5月2日]
カテゴリ 小説

アニメの『八犬伝』にはまり、読もうと思った。子供向けだから、読みやすい。ただ、登場人物の名前が長いので、よく分からなくなることがある。図書館で借りたけど、古本であったら買おうかな。章の終りはその続きが読みたくなるように問いかけてるのも面白い。

2013年4月25日

読書状況 読み終わった [2013年4月25日]
カテゴリ 小説

読書状況 読み終わった [2013年4月22日]
カテゴリ ライトノベル

文章を読み、その魚がどんな姿をしているのか想像する。そして、写真が出てくる。この構成はいいと思う。ただ、一人称が何の脈絡もなく変わったりするので、話がよく飲み込めない時もあった。また、難しい言葉がたくさんみられた。よって、感想としては△かな。ただ、よく分からなかった章だけでも、機会があれば読みなおしてみようか。明日(14日)海遊館に行きます。その予習になったかな?

2013年4月13日

読書状況 読み終わった [2013年4月13日]

勉強になることばかりだ。何回も再読して、しっかりと自分のものにしたいと思う。忘れた頃に読み返したいものである。

2013年5月28日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年5月28日]
カテゴリ 教育

子どもから大人まで読める。
けれど、筆者は子どもに向けて書いている。
しかし、子供向けだからこそ読みにくい部分がある。

分かりやすい話とそうでない話があった。

2013年5月26日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年5月26日]
カテゴリ エッセイ

結構難しい言葉も使っていて、哲学的なことも問われているから勉強になる。

2013年5月22日

ネタバレ
読書状況 読み終わった [2013年5月22日]
カテゴリ ライトノベル
ツイートする