無情の世界 (新潮文庫)

3.31
  • (27)
  • (31)
  • (127)
  • (13)
  • (5)
本棚登録 : 413
レビュー : 43
著者 :
土壷波丸さん  未設定  読み終わった 

阿部和重再読第三弾。

「危険な中学生たちがシャブを吸っているよう」に見えたのは、花火をしている子供たちの集団で、「撃ち殺されて倒れている警官」に見えたのは、ただのバケツ。
妄想が加速していって、最後には本当の殺人に巻き込まれるのだが、それも妄想であるような感が拭えない。。。

いかれた、ではなく、いかれたように見える、と、まともに見える、の境界スレスレを書かせたらこの人の右に出る人はいないんじゃないか?っていう傑作。

レビュー投稿日
2012年6月2日
読了日
2011年4月24日
本棚登録日
2011年4月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『無情の世界 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『無情の世界 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする