神国崩壊―探偵府と四つの綺譚 (ミステリー・リーグ)

3.50
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 13
著者 :
Maoさん  未設定  読み終わった 

まるで中国史全般をモデルにした歴史ファンタジーにミステリーの謎解きが加わった面白い話だった。清、三国志、モンゴル、太平天国のパロディが伝説の華王朝で活かされてる感じか?殺人事件の謎が失われた「禁書」によって解かれていくのも面白かった。この作家さん、他にはどんな本を書いているんだろう?

レビュー投稿日
2009年7月10日
読了日
2009年7月29日
本棚登録日
2009年7月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神国崩壊―探偵府と四つの綺譚 (ミステリ...』のレビューをもっとみる

『神国崩壊―探偵府と四つの綺譚 (ミステリー・リーグ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする