はつ恋 (1952年) (新潮文庫〈第478〉)

3.44
  • (2)
  • (5)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 7
mariamaniaticaさん  未設定  読み終わった 

ヘビーな初恋ですが、回想の形だからか独りよがり感がなかった。その分、美化もされているかもしれないけれど。ロシア文学・ドイツ文学など、寒い国の作家の描く作品は、内なる情熱がすさまじく素敵ですね。ラテンアメリカの直情的なパッションも大好きですが、あれらとは全く異なるこの魅力。
ものすごい余韻。

レビュー投稿日
2012年4月15日
読了日
2012年4月15日
本棚登録日
2012年4月15日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『はつ恋 (1952年) (新潮文庫〈第4...』のレビューをもっとみる

『はつ恋 (1952年) (新潮文庫〈第478〉)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする