この人この世界 2007年2ー3月 (NHK知るを楽しむ/月)

著者 :
  • NHK出版
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
感想 : 4
3

『アンコール遺跡 残された歴史のメッセージ』
NHKの番組のテキストだが、我が家にはテレビはないため、テキストだけで楽しんだ。
アンコール遺跡研究の第一人者である石澤良昭先生の世界。
第一回「アンコール遺跡との出会い」では、他の著者では知りえない石澤先生のアンコールとの出会いについて、とても興味深く読んだ。
温厚で上品な印象の石澤先生だが、とても情熱的で素晴らしい行動力の持ち主。アンコール遺跡と出会い、研究者としての道を歩みだす。
内戦で10年以上カンボジアに訪れることのできなかった時代を経て、「カンボジア人による、カンボジア人のための修復」を実現させてゆく。
アンコール遺跡についてだけではなく、石澤先生の人生の一端にも触れることができる。
「人生にはしなければならないことがある」の言葉が印象的。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 歴史・伝記・地誌
感想投稿日 : 2013年4月20日
読了日 : 2013年4月20日
本棚登録日 : 2013年4月20日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする