昭和戦前期の政党政治: 二大政党制はなぜ挫折したのか (ちくま新書 983)

著者 :
  • 筑摩書房 (2012年10月1日発売)
3.84
  • (8)
  • (13)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 176
感想 : 20
3

民主主義への可能性をもっていた政党政治がなぜ崩壊したのか?

それは単純に軍部のせいというわけでもなく、政党自身の問題、それを選挙で選んだ人々、マスメディア、そして天皇周辺の勢力のさまざまな動きのなかで生じたこと。

もちろん、背景には世界大恐慌というのがあるわけだけど。

未熟な政党政治の問題を批判しているうちに、民主主義自体の価値がさがっていって、より純粋に国をよくしようとしている軍部に国民の期待がうごいていく。

そして、そのイメージとして、天皇が使われていき、反対陣営の議論を封じ込めていく。

で、満州事変によって、世論は大喝采をおくり、その勢いをもって、急速に陸軍が政治の中心になってしまうという構造。

う〜ん、これって今でもやっていそう。なんかちょっと暗い気持ちになった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2022年8月24日
読了日 : 2022年8月24日
本棚登録日 : 2022年8月24日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする