イノベーションへの解 利益ある成長に向けて (Harvard business school press)

3.89
  • (99)
  • (101)
  • (123)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 1180
レビュー : 89
制作 : 玉田 俊平太  櫻井 祐子 
mamoさん  未設定  読み終わった 

クリステンセンは、「イノベーションのジレンマ」を読んで、面白かったものの、その後の本は読んでいなかったところ、先日、たまたま「ジョブ理論」を読んで刺激を受けたので、こちらも読んで見た。

「ジョブ理論」については、わたしは面白いと思ったのだが、「新しみがない」という評価も多そう。ということから類推すると、「ジョブ理論」は、「イノベーションへの解」の焼き直しなのかな?と想像していたのだが、そうでもないかな?

「イノベーションのジレンマ」が問題提起編だとすると、こちらは「対応編」。

とは言え、ものすごく新しいことが書いてあるような感じでもないな。

色々な他の研究で言われているようなことをうまくまとめているみたいな印象。

ある意味、ドラッカーのイノベーション論をアップデートした感じ、というと言い過ぎかな?

破壊的イノベーションは、天才のアイディアではなくて、計画的に生み出せるもの。

とは言っても、それを本当にやるためには、通常のマネジメントとは大きく違う思考、判断、プロセスを採用する必要があるので、それを徹底するのは、やはり難しそう。

イノベーションに関して色々な方向から整理されていているのだが、個人的には、一点突破な「ジョブ理論」の方が、好きだな。

レビュー投稿日
2017年11月20日
読了日
2017年11月20日
本棚登録日
2017年11月20日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『イノベーションへの解 利益ある成長に向け...』のレビューをもっとみる

『イノベーションへの解 利益ある成長に向けて (Harvard business school press)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする