孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)

4.05
  • (291)
  • (173)
  • (246)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 1476
レビュー : 223
著者 :
marimocoさん 小説・その他   読み終わった 

昔漫画では読んだけれど、原作は初めて。あらすじはほぼ知ってるのに十分面白かった!

恋人を殺され、その死の真相解明を依頼した探偵役も早々に殺され、ようやくたどり着いた実行犯と思われる人物も殺される。その後は、敵の本陣とも言える孤島に乗り込んでの対決。
犯人を捜す推理小説であり、隠された財宝を探す冒険小説であり、グロテスクな恐怖小説のようでもある。プラス恋愛小説の要素もあって、てんこ盛り感がすごい。
でも、途中張られた伏線もきれいに回収され、最後にすべてが繋がっていく様は読んでて気持ちがいい。

今では絶対許されない差別的なワードと、同性の恋愛ががっつり描かれているのにはビックリしたけれど、物語としては面白いし、全編を通してのおどろおどろしい雰囲気は好き。

レビュー投稿日
2019年5月22日
読了日
2019年5月22日
本棚登録日
2019年5月21日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小...』のレビューをもっとみる

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『孤島の鬼 (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)』にmarimocoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする